ミニマリストが選んだ手みやげ





新しい一年が皆様にとって素晴らしい年となりますように。

本年も宜しくお願い致します。




+++++++++++++++++




色々と手みやげを持参する予定ですが

毎年、手みやげ選びは主人に一任しています。





今回、主人が選んだ品


s_IMG_2731.jpg















マックスブレナーのアソートメント。



















エノテカで買った

ヴィンテージシャンパン。












ジャン=ポール・エヴァンのチョコレート。


s_IMG_2751.jpg












DEAN&DELUCA色々。

イエベリコ、サラミはその場でスライスしてもらったフレッシュなもの。

瓶詰めのキャビアはフランス産。


s_IMG_2735.jpg










MAST BROTHERS CHOCOLATEご存知ですか?

画像に見える白い包み紙の板チョコなんですけど

主人が自分用にと買っていました。

カカオ豆からチョコレートバーになるまでの行程を

全て手作業で作っているのだとか。

1枚1944円ですが

見つけてすぐに主人が飛びついていました。






甘いものに全く興味のない私には

明治のミルクチョコレートでいいじゃん

って思うんですけど

これが主人の価値観です。


服や装飾品にお金を使っても

満足感は得られないけど

食べ物には惜しみなく使える。


のだそうです。



主人が手みやげを選ぶとき、何よりも本人自身が楽しみながら買っています。





まずは相手の好みに合うもの

量より質

残るモノではなく消費できるのもの

ショップで買う




その辺で見つけた適当なものを買っていくことはまずありませんし

私がやりがちな、ネットで買ったワインを

ドヤ顔で持って行くこともありません。




ある程度の知識があっても

ワインに関しては必ずアドバイザーと相談し、

これぞと思った品しか手にしないのも

飲み頃を判断するにはプロの知識が

欠かせないからです。










ホント、不思議なんですよねぇ。

服の買い物は大嫌いで

自分の服はどうでもいいと思っているのに

口に入れるものへの拘りはハンパないことが・・・。

それは自分の口だけでなく

相手の口のことまでちゃんと考えている。




自分がワクワクする店で

手みやげを探すことは

主人にとっては至福の時みたいです。





時間をかけて丁寧に選んだ手土産

喜んで頂けると嬉しいです。






手土産はミニマムじゃないんだ。
↓↓軌跡にポチリとお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。