ミニマリストの共通点


先日主人が手にいれたサマーセーター。


シンプルという言葉以外にこの服の特長を述べるなら

「 どんだけ紺よ 」でしょうか。



s_DSC01366.jpg














デパートで買い物をしていた、あるご夫婦。

奥さまが、ゆったりサイズのお尻まで隠れるトップスを手にし、

試着をされようとすると

すかさずご主人










「 おんなじの持ってんじゃん!! 」 怒り気味










わかる。

わかるわ、言いたくなるその気持。

よーくわかる。

10年前の私も、主人に同じこと言ってましたもの。





「 同じ服があるじゃない!」 もちろん怒り気味に





同じような服を手にすると、なぜ片方はイカリ気味になるのでしょうか。




他のテイストの服にも挑戦し、新しい自分発見しなさいということなのか

若しくは、同じような服にお金を費やすことが勿体ないということなのか

イカリ気味の原因は、この2つのいずれかだと思います。





私は前者でした。

こんな服、あんな服と、私がコーディネートを考え提案してみても

主人は即却下。

( 似合っているのに・・・ )

と、こちらが思ったところで

本人にとってしっくりこない格好なら、

残念ながらそれは着心地の悪い服になるだけなんですね。




あなたを素敵にしたいのよ!

なんていう理想を押し付けても、結局は不発に終わる

ということを、結婚して数年経ってからやっと気がつきました。





同じような服ばかりでつまらないんじゃない??




と思いますよね。

私もそう思っていました。

また黒!?

また紺!?

って。




でも本人は、服のクオリティ、テイスト、サイズをしっかりと見極めて

ただのシンプルではなく、自分に合うシンプルを探求しているので

一見するとつまらないこの 「 ザ・シンプル! 」を実は楽しんでいるのです。 だから放っておく



それだけでなく、シンプルに拘るもう一つの理由は

着る物に時間を割かないためです。






デパートにいた奥さまが手にした服は、手持ちの服と似ているかもしれませんが

きっと、全く同じではないし

ご本人はそれなりに違いをみつけ

その服に魅力を感じていらっしゃるはずです。




無理に「持っていない服」、つまりは好ではないテイストに挑戦させる必要は

ないのよーーーーーーーということを

主人から学びました。









主人は好きなのです、このシンプルさが。


s_DSC01366.jpg

















実際にほぼ同じようなものを持っています。


s_DSC01364.jpg


s_DSC01320.jpg











新しい服を手に入れたので

ロンT1枚を手放すことにしました。







私が思うミニマリストは、物の数云々よりも

「 シンプルを恐れない 」

人達だと思います。




にほんブログ村 トラコミュ The  Minimalistsへ
The Minimalists





恐れまくる私は、シンプルな服にも必ず盛りますし、色を差しますが

シンプルを恐れない人達は

その中にある機能性と美をよくわかっているので

私のように余計なことをしないのだと思います。








いつも応援ありがとうございます。
↓↓軌跡にポチリとお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。