スーツケースの荷造りを楽にする方法。わが家流*服編


旅行の荷造り前に必ずすること。

古着のチェック


出てくる出てくる。

たーんと出てくる。



穴の開いたスパッツ。


s_DSC_4841_20140723162834954.jpg











色がまだらになったTシャツ。


s_DSC_4835_4.jpg









頑固な汚れを驚きの白さに!

のアタックでも落ちないTシャツ。


s_DSC_4839.jpg

完全に天命を全うしています。











かと言って、これらを来てこ洒落たディナーには行けないので、まともな服も必ず持参します。












主人はハワイの正装であるアロハシャツを。


s_DSC_4835.jpg












服を選ぶ時の基本3セット


*ディナー用
*アウトドア用
*どうでもいい用



アウトドア用は、自然の中を散策する時の服装。

どうでもいい用は、それこそどうでもいい時の服装で

汚してもいい服とでもいいましょうか、

朝食を食べに行く時、プレイルームで遊ぶ時、キッズプログラムに

参加する時に着せます。


先程の、古着達がこれにあたり、最終日に現地でサヨナラしてきます。









持参する服を決めたら、一心不乱に丸める。

丸めて端からどんどんつめていく。

収納袋を使ってかっこ良く、見栄え良く詰めるなんてことはしません。



s_DSC_4868.jpg











s_DSC_4867.jpg















広がりがちなジーンズなどは、輪ゴムを使ってとめる。


s_DSC_4842.jpg










「 収納袋を使わないのですか?? 」



下着と水着は収納袋に入れますが、それ以外の服は使いません。



面倒だし、枚数が入らないからです。




↓これに、全ての服を入れていた時期がありました。


s_DSC_4869.jpg


でも、これを使うと枚数が入りません。

圧縮パックの使用経験もありますが、

圧縮パックは完全に密封にならないので、後からビニールが膨らんでしまうのと

圧縮する手間がかかるので、荷造りを簡単にする為には

やはり巻き巻きが一番です。






「 でも、スーツケースを開けられたら困りませんか!? 」



困りません。

セキュリティーでひっかかったら、圧縮パックや袋に入れても結局は中身を見られるので

最初からむき出しの巻き巻き状態でも同じです。




わが家のスーツケース、かなりの確率で開けられます。

なので、開けられると思って荷造りしています。

「 どうぞ!こころおきなくご覧あれ!! 」

くらいの気持ちで。

今度、

「 ようこそ。kotonoのスーツケースへ 」

って書いて入れておこうかしら。








因みにこれ、






入れたら100パーセント開けられますよ。

プラスチック製でも、取り付け部分に金属が付いていたりすると

開けられるかも知れません。



わが家は、ビニール紐持参です。

これをかなり長くカットして、洗濯用に持って行きます。















長期の旅行で一番のポイントになってくるのが、現地での洗濯

ホテルを予約する時点で、洗濯機があるかないか必ずチェックし、無い場合はビニール手袋も加え、洗剤と一緒にスーツケースに入れます。

海外の洗面所は熱湯が出てくることが多いので、

ゴム手袋無しでは洗濯ができません。



ホテルのクリーニングはよっぽどではない限り使いません。

バカ高いからです。





粉ではなく、リキッド洗剤でも漏れない方法。

小さなペットボトルに洗剤を入れたら、


s_DSC_4855.jpg












口をラップで覆います。


s_DSC_4856.jpg











キャップで蓋をする。

心配な方は更にビニールに入れ、

口の部分を輪ゴムでとめる。


s_DSC_4857.jpg


この方法、化粧水などにも役に立ちます。



トラコミュ
旅行








***********




慣れない海外旅行。

服をどれくらい持っていけばいいのか悩みませんか?




「 寒暖の差があるから羽織ものは入れた方がいいかな。 」

「 子ども服、何枚入れたらいいのだろう。汚すから替えも必要だし。 」

「 飛行機に乗るときの服装。どうしたらいいの? 」





行く場所や旅の目的、気候などで選ぶ服も変わってくると思いますが、

一つだけ言えることは、

海外に行く為に、服をわざわざ買い揃える必要は無いということです。





旅行の為だけに購入した服、現地で買物した物、そして友人へのお土産、

荷物は必ず増えます。

自宅にも新しいモノが増えます。

帰国してからスーツケースの片付けにアップアップするくらいなら、

少しでも楽にする為に、天命を全うした服を持参するほうが結果的には

ママの負担が軽減されるのではないかと思うのです。




でも、お気に入りの服を持っていかないのは寂しいですよね。

毎日ぼろ切れだけ着るっていうのも・・。

私はあえてかわいい服や、気に入った服を

飛行機に乗る時や、夜の食事時に子ども達に着せます。



自分もそうです。

あえてヒールが高いサンダルを機内に履いていきます。













メリハリありすぎて自分でも笑っちゃいますが、


2週間、家族4人分
スーツケース1個に
全て収まりました。






いらない服を持参して、現地で好きな服を買おうかな。
と思われましたら、ポチリとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


トラコミュ
The Minimalists



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。