スーツケースの荷造りを楽にする方法。わが家流*雑貨編




前回、服のまとめ方を書きましたが、

今回は小物のまとめ方について書きます。



服と同じように、荷造りする前に

今ある物で持っていける物を探します。







旅の予定がたった時点で、残り少ない化粧水やスプレー等の液体類をあえてキープしておき、

それを荷物に詰めます。

足りない基礎化粧は、試供品でカバー。


s_DSC_4844.jpg














それらを無印のメイクボックス2個に詰めていきます。

主人のひげ剃りや歯ブラシ、子ども達のヘアゴム等もこの中に入っています。


s_DSC_4854.jpg
















そして、私の顔面づくりに書かせないコスメは、

パレット型を使用。


s_DSC_4905-1.jpg















メイクアップパレットは他のブランドからも色々出ていますが、

悩みに悩んでこのパレットにした理由は

自分好みの色が入っているのと、

ペンシルがセットになっているからです。


s_DSC_4906.jpg












Dior メイクアップパレット








発色のキレイなシャネルと最後まで悩みました。















メイクボックスと同様、前回の記事に登場したこれも無印良品のもの。

裏はメッシュになっています。  不要な情報でしたね。




s_DSC_4871.jpg


10年くらい前に、主人と私用にこの袋を買い揃え

旅行の時には服も下着もこれにいれていましたが、

家族が増えるにしたがい入れる服の枚数も増え、全てをこれに入れるには、場所を取り過ぎると考え、

今では専ら、巻き巻きのむき出し法を採用しています。










子供の年齢に合わなくなった、しかも人にあげることができないような物も入れます。


s_DSC_4905.jpg


子どもがこれを持って帰りたいと言ったら、持って帰りますが、

89%言わない・・・。

物語に興味を持つようになってから

読んで欲しいと持ってくるのは絵本ばかりで

絵と活字だけの物を手にしなくなりました。

でも、夕食のオーダー待ちなんかの間に

これで遊ぶとその時は喜びますし、

時間つぶしにもなります。






***********






ホテルで何がレンタルできるか下調べするだけで、荷物が減ります。

子どもが浜辺で遊べるおもちゃを貸し出してくれるところもありますし、

ライフジャケットや浮き輪も貸してくれるホテルもあります。



たためるこれは便利です。















浮き具合を考えると、中に発泡スチロール入りの浮き袋がいいのですが、

荷造りにはなんせかさ張る。

折りたたみができるこちらのほうが

荷造りをする上では便利です。













いつもご覧頂きありがとうございます。↓ポチリ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


トラコミュ
The Minimalists


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。