年賀状の枚数と収納方法





今年頂いた年賀状の枚数40枚。

毎年ほぼ同じです。

来年はもう少し減らそうと思っていたら、

なんと主人に止められました。


s_DSC00871.jpg


主人宛に届いた年賀状1枚。

主人が出した年賀状1枚。

書く枚数が少ないから本人は楽でしょうが

親戚宛のものは私が書いているので

私としては少ないに越した事はないです。





40枚程度が苦を感じる事無く書ける枚数なので

年末にあたふたすることもなく

住所も宛名も全て手書きです。



年賀状を書く時は、昨年もらった年賀状を見ながら

丁寧に、一枚一枚心をこめて書くので

送った相手が引っ越をして年賀状が戻ってきということはありませんし

昨年もらっていない相手に出してしまうということもありません。



ってことは、そうです、

頂いた年賀状は1年経ったらサヨウナラします






無印の年賀状フォルダーは一枚一枚はいるので便利。

s_DSC00875.jpg






似たような物を見つけました。








難は、我が家には多過ぎるファイル数。

s_DSC00873.jpg












お年玉抽選会があるまではファイルに入れず

ゴムで留めておきます。


s_DSC00878.jpg








年末が近づくと年賀状を書く事をストレスに感じている人が

とても多い気がします。



交流はないけど、送りたい相手

交流はあるけど、送る必要を感じない相手


これらが明確になれば年賀状を書く事も楽しいと思うのですが。

若しくは、最初から年賀状にかける金額か枚数を決めてしまい

その範囲内で優先して送る相手を選んでみるとか。




今は交流もない上に、送る必要性を感じない相手に

何年もダラダラと送り続けることに意味を感じないと思うなら

来年はすっぱりと出す事をやめてみてはいかがでしょうか。






いつも応援ありがとうございます。
↓↓軌跡にポチリとお願い致します。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。