2015東京マラソン 鈍足ランナーとして


ふっかつ。

筋肉痛もなくなり、走れるくらいまで快復しました。





東京マラソンの数日前から

自分がゴールする姿をずっと想像していんですけど

きっと私は、息も絶え絶えにゴールし

トボトボ歩きながら「チっ」とか言っちゃって

私を東西南北に走らせてさーーーー

この距離って地下鉄で移動できるじゃなーーーーい

って、ブツブツ独り言を言って

わたし、きっと、

やさぐれるんだわ。

自分で走る事を決めたくせに、苦しさのあまり

きっとやさぐれちゃうのよ。


そんでもって、ファンデも髪もぐちゃぐちゃになって

終いには、わたし、

落ち武者みたいになるのよ。

やさぐれた落ち武者。

笑うに笑えないじゃないね。

主人には笑われるかもしれないけど。

そんでもって

二度と走るもんかっ!!

って、缶とか蹴飛ばしちゃうんだろうぁ。





・・・なんて思っていたんです。





そして、ついにやってきた大会当日。

屈強な男達に囲まれスタートブロックに入り

そこで初めて

とんでもないところに来てしまったものだと

思うも、時既に遅し

舛添ちゃんの「パーン!」という号砲が聞こえてきました。










分けも分からず取りあえず歩き出し

全く余裕が無いので、舛添ちゃんに手を振るのも

忘れてしまいました。






「 周りのペースに巻き込まれると必ず失速する 」

経験者のアドバイスを思い出し

どんなに抜かされても焦らず、

ダッシュしたくなっても自分のペースをキープ。

42.195キロという気が遠くなる数字を思い出さず

ひたすら自分のペースを守ることだけを考えていました。




思わず

「 はぁ・・・ 」

とため息が出そうになった時、ふと沿道を見ると

車いすに乗ったおばあちゃんが手を振っています。

「 こんなに寒いのに・・・。 」

そしてその横には、幼子を連れたママが子どもと一緒に

「 がんばれーーーー! 」

と声を出しています。

「 小雨が降っていたのに、応援にきたんだ・・・。 」





お孫さんを抱っこし、ランナーにハイファイブを求めるおばあちゃん。

お盆に沢山の飴を乗せランナーにあげようと

身を乗り出す小学生。

常に笑顔のボランティアの方々。

沿道だけではありません。

腰の曲がった、おんとし80歳と思しきおばあちゃんランナー。

「 今から給水だよ。」

手話で聴覚障害者ランナーに伝える伴走者。

ずっと伴走者と手を握りながら走る、

視覚障害者。





お、お母ちゃん、泣けてきた。

こんなに応援をもらって、沢山の差し入れももらって

腰の曲がったおばあちゃんに抜かされて

わたし、やっぱり落ち武者になれない、なっちゃいけないのよ。

と思ったら

「 カーン!! 」

ゴングがなりました。




そこからはずっとロッキーのテーマソングです。




絶対に立ち止まらないわよーーーーー。

ひらすら走る。

しーしー以外、絶対に止まらない。自然現象は仕方ない。

寄りたい店を見つけても入ろうとしない。銀座は危険。




そして28キロ地点、雷門が見えてきた。自撮りに失敗。





ここからひたすら南下し、後はビッグサイトに行けばいいんだわ。

と思ったら、脚がどんどん動く。



このままなら5時間半を切れるかも。

5時間半を切りたいと思ったら俄然やる気がでてきて

気付けばいつも抜かされるばかりの私が、男性陣をごぼう抜き。

最終で待ち構える上り坂の佃大橋も、春海橋や東雲橋も

歩きません。

抜かします。抜かし続けます。

そう、わたちはもう欽ちゃんではありません。

「 老後に残すは金と筋肉 」と思い続ける立派なママランナーなのです。




俗に言う30キロの壁は、私にはやってきません。

30キロ過ぎても、35キロ過ぎても

ごぼう抜きは止まりません。

そんな橋の途中に、大きなラジカセを持ったおじさんがいました。

大音量でかけているのは

ロッキーのテーマソング。

おじちゃんに大きく手を振ると、

満面の笑みでコクンと頷いてくれました。

彼は7時間ここにいるのでしょうか。

ありがたいです、本当に。




そしてついに見えたゴール。







6時間半でゴールできればいいと思っていたのが

気付けば5時間半を切っていました。





生みの苦しみに比べたら、

育児の大変さに比べたら、

私にとってフルマラソン完走は、大事ではありません。

「 初大会で完走はすごい 」

と言われますが

3人の子育てをしているママの方がよっぽどすごい。

世のママ達がどれだけの偉業を成し遂げているか!




最初から最後までずーーーーっと楽しく走れたのは

沿道の方々、ボランティア、そして家族、親族のお陰です。



いつか私も沿道に出て



みなさーーーん!東京マラソン!楽しんでいますかーーーーー!!!



って絶叫してみたいです。




完走記念に押してやるよ。
と思われましたらポチリとお願い致します。
↓↓


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ


「 マラソン頑張って下さい 」とコメントを下さった方々
心より感謝申し上げます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。