このお片づけはまだほんの序章にすぎない




禿げそうに疲れています。

この服の山の仕分けにかかった時間

4時間・・・。


securedownload-1.jpg
↑奥様だけの服








私がビニールを広げただけで

(捨てられる!!)

って、思ったのか、相手の顔は歪み戦闘態勢に入った模様です。





「 ときめくモノだけ残しましょう〜♪ 」





そんな魔法の言葉は通じませんよ。





「 好きな服、好きじゃない服にわけてみましょうか 」





分けられるわけがありません。

全部握りしめます。







これ、親子だったら殴り合いです。







どんな言い方をしても通じるわけもなく

私もどんどん鼻息が荒くなってきたので、一旦休憩。

奥様の私生活の話になりました。

普段はほとんど家にいることが多く

外出するのはジムくらい。

服を買うときは着やすさを重視して選び

セールになるとジム用品を大量買いするのだとか。

プールやフィットネス用品が、アスリートかっ!

というくらいありました。




ならば

いらない服着やすい服外出着ジム用品

にわけさせてみると

あらまぁ、さっきとは違いさっさと分別できるだけでなく

着やすい服が異常に多いことにご本人自身も気付いたようです。

そして、そのほとんどが

同じ形、同じ色、同じ某メーカーもの。





「好きではないけど、着やすそうだし安いから何となく買った」

ってはっきりおっしゃっていました。




だから私もはっきり言いました。

沢山着てあげた分、

汚れや擦れがでてくるのは当然で

寿命をまっとうしている服を部屋着として着続けるのではなく

奥様が欲しいとおっしゃる外出着を加えてあげるためにも

この際、くたびれた服は手放しましょうと。




そんな会話をしていたら、突然ご主人が




「 もう、やめてくれ!! 」





そ、そうですよね。

捨てる心がまえもできていないのに

捨てさせる方向に持っていく私をみていたら

お怒りになりますよね・・・。


怒らせちゃったわ。

って思っていたら






「 もう、僕は、そういう汚らしい格好をしたあなたを見るのが嫌なんだよ! 」

って、奥様にかーい








暫し沈黙する奥さま。

それからです。ふっきれたのか

ご主人が嫌いだという服をビニールに入れ始めました。





「サイズがあっていない」

「痩せているからV時は似合わない」




普段から奥様の着ている服を見ているだけに

その場で着なくても似合わない服というのがご主人には分かるのです。

普段から一緒にいるご主人にしかできないことです。




やっと畳が見える状態になりました。


securedownload_201511051832457f9.jpg












が、しかーし!

この五分後、こうなってしまいました。


securedownload-1_20151105183242659.jpg











押し入れに取りかかると

またカオス状態に逆戻り。

2人家族で、ご主人はベッドなのに

布団7組ってどういうこと!?




まだまだ頑張ります。





服は、私生活に合わせて分割しろってことね。
と思われましたらポチリとお願い致します。
↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。