「旦那が片付けない」は永遠のテーマ






嫁姑問題と同じように

「旦那が片付けない」

は永遠のテーマです。







現在、訳あって人様の家を片付けています。



++この服の山を、あなたならどうやって片付けますか?

++このお片づけはまだほんの序章にすぎない

++押入れの中は使わないモノの宝庫でした

++押入れの天袋も立派な収納スペース・・・見える化し季節モノを中心に収納

++【不要品回収】軽トラ積め放題は得か?

++日用品のストックを見える化し、押入れに一括収納




ここにきて奥さまが

「 旦那が片付けないのよ 」

と宣わりました。



私が娘なら

「 母さん、どの口が言ってんの!? 」

と言うところですが

そんなことは口が裂けても言えません。





ご主人は、今のものより過去のモノを手放せずにいます。

昔使っていた趣味の道具

今後もできないであろうスポーツ用品

学生時代に使っていたもの等

今もこれらを大切に持っています。

一番驚いたのは、旅先のレストランからもってきた

割り箸の袋。

それを見るだけで旅先でのことが蘇るようで

思い出を大切にしているのが伝わってきます。





彼にとっては破けようが、錆びようがどれも宝物。

私がとやかく言うことはできません。



ずっと大切にとってきたのですから

箱に詰込んでとっておかず

毎日見られるよう飾ることを提案した時

ご主人が缶に入った沢山のバッジを見せてくれました。



そこで見つけたとある大学の部活名が書かれたピンバッジ。

ご主人からは想像もつかない部活名だったので

色々とお話を伺ってみると

ピンバッジを一つ一つ丁寧に触りながら

過去の思い出を語り出しました。

一息ついたところで

「 これ一つ残して、あとは捨てることにする 」




絶対に捨てたくないと言っていたので

とても意外でした。




その隣で

ウェディングドレスを躊躇なくゴミ袋に放り込む奥さま。

片付けに関して言えば

女は男より残酷です。

女性はお片づけに一旦火がつくと

子供関係以外の思い出の品に

執着しなくなります。





「片付けない旦那をどうにかしたいと」

嘆く主婦は多く、

そんな旦那さま達の特長は

過去のモノや明らかに使っていないモノを

いつまでもとっておく傾向にあるようです。



きっと、女にはわからない

モノに込められた過去の栄光やプライドがあるのでしょうね。

子供の為に買ってあげた、今はもう使わないおもちゃ一つ捨てるのを躊躇するのも

自分が働いて稼いだお金で買ったモノですから

嫌がるのは当然かもしれません。




じゃあ、諦めるしかないのかっ

と思う前に





・冷静に話し合う

・彼だけのスペースを作ってあげる


そして

・思い出話を一度じっくり聞いてあげる。




奥さんにはわからない思い出話を

モノを通して一度じっくり聞いてあげてもいいんじゃないでしょうか。





これらを試みてもダメなのであれば

私ならプロに頼み

間に入ってもらうと思います。




今は、検索すると簡単にプロの方を見つけることができますが

できれば自分にあうプロの方を探すことをお勧めします。




家族構成が似ている

気持に寄り添ってくれる

とにかく結果を出してくれる

汚部屋専門



様々です。




それにね、旦那さま達は

「 捨てて 」 「 片付けて 」

と奥さんに言われることがとても嫌なはず。



お片づけのことで喧嘩をして

夫婦仲を悪くするくらいなら

自分達に合うプロを見つけ解決に導いてもらうほうがいい。




お片づけって本当に難しい。

部屋を整理することより先に

心を整理しないとゴールには辿り着けない。




価値観の違い過ぎるご夫婦

お片づけを引き受けたことをちょっと後悔しています・・・。










気付いていなけりゃ、旦那が居ぬ間に捨ててもいいわよね
と思われましたらポチリとお願い致します。
↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ

にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。