スーツケースの衣類のまとめ方*旅先で着る服を時間をかけずに決める方法






++家事と荷造りを同時にできる荷物のまとめ方の続き。

今日は衣類編です。






畳みながらコーディネートを考える




下着と同様に、スーツケースに入れることを意識しながら畳みます。



ハンガーからはずした服を、畳んで床に置きます。


s_IMG_2329.jpg














大抵はその日着ていたコーディネートで干されているので

そのままワンセットにしてまとめてしまいます。



季節が違う場所へ行くときも

引出しから出したものを床へ置き

上下の組み合わせを考えたら

同様にワンセットずつまとめます。


s_IMG_2330.jpg





大切なのは、服を重ねるのではなく

一番大きな服で包むこと。









このように靴下までセットで畳んでおけば

現地で子供がコーディネートを迷わずに

自分で服を着ることができます。


s_IMG_2336.jpg









包んだ状態でスーツケースに収めます。

衣類は袋へは入れません。

セキュリティー上問題があり開けられる場合は

袋へ入れても中身はがっつり見られますし

袋詰めする方が荷造りはより大変になるので

敢えて時間がかかることはしません。


s_IMG_2331.jpg










ゆっくり荷造りをすると忘れ物が減るだけでなく

慌ただしく旅行に出る必要がないので

空港へ向かう時点で疲労感満載になることもありません。






旅は荷造りから始まります。

慌てず、騒がずゆっくり出かける為にも

3日前からスーツケースを開けっ放しにしましょう。














ってか、今年どこにも行かないんだけど。
と思われましたらポチリとお願い致します。
行かれる方もポチリとお願い致します。
↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。